フィルム・ノワールを楽しみ、Film Noir Foundation を応援しましょう

Apenas un delincuente

Apenas un delincuente (1949) (Hardly a Criminal)

Chris Keller の過去世

 「アルゼンチン映画、恐るべし」第二弾は開巻から当時(1949年)としてはかなり派手なカーチェイスを展開。観る者の度肝を抜きます。そしてノワールに欠かせない回想シーン。主人公が辿ったノワール冥府魔道をじっくりとわたし達に見せてくれるのです。

Apenas

 とにかく、主演俳優 Jorge Salcedo が<真性魔性の男> Chris Keller (Christopher Meloni) に外見が瓜二つ。十歳か十五歳若いバージョンです。自己中心的で狡猾なところも似通っておりまして、ただもちろん、Keller のようなキャラクターが主人公であれば "Hardly a Criminal"「犯罪者とは言えない」という題名ではないのでして、主人公は悪事に関してはまったくの素人。世界を甘く見ていた彼は最終的に恐ろしい目に遭うのでありました。

 この作品もまた言葉の壁をまったく感じさせない、純正ハリウッドノワールよりもノワーリッシュな映画であり、かつとても現代的です。Gun Crazy (1950)『拳銃魔』と同質の作風なのです。
 また、物語に通底している主題は観る者に「人間の醜いところや弱い部分には時代や国や文化の違いはないのだなぁ...」とつくづく納得させるものなのであります。誰もが持っている心の奥底にある善き部分は無論いうまでもありませんけれど、残念ながら本作品のような【典型ノワール獣道】映画では滅多に垣間見る事が出来ませんので...。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional