フィルム・ノワールを楽しみ、Film Noir Foundation を応援しましょう

Le salaire de la peur

Le salaire de la peur (1953)『恐怖の報酬』(The Wages of Fear)

『獣と人間の違い』或いは『胆力とは何か?』

 第一級の超サスペンス映画であると同時に、日本人にとっては淀川長治先生の個人的性的嗜好が生んだ偏愛名解説でお馴染みの作品であります。その点について、Eddie Muller 氏をはじめとする、わたしが信頼を寄せる映画狂米国人の友人/知り合いに片っ端からたずねてみましたところ、全員が申し合わせたように「それはない」と回答してくれました。ちなみに皆、異性愛者の成人男性です(笑)

LeSalaire

 とにかく登場人物の性格設定が素晴らしいです。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional